本日 20 人 - 昨日 36 人 - 累計 61677 人

メリークリスマス!の後ですが、年末までの仕事の最後の追い込み中です。山は越えたと言いながら、あと少しがんばります。さて、2本のコラムを監修しましたのでお知らせいたします。マイナビ「バイトで所得税を引かれる人は」マイナビ「単発バイトで確定申告する場合」です。私は個人事業主なので、年末の仕事納めが終われば、帳簿を締めて、確定申告の準備をします。どんな時にした方がいいのか、所得税についてちょっと知りたい方はぜひお読みください。


12月も後半に入ってきましたが、毎年この時期は仕事が忙しく、体調管理のために、ホットヨガと鍼灸治療を楽しみに過ごしているような状態になります。さて、今回は記事の監修をしましたので、ご紹介します。雇用保険パートでも雇用保険に入れる?、扶養年収150万円の壁と、最近コマーシャルでも年収の壁パッケージなど、扶養範囲内で働く方が、社会保険に加入して働くための情報がたくさん流されていますが、ぜひ、正しい知識を理解していただきたいなと思います。ちなみに、厚生労働者から一時的に収入が増加した方が、扶養から外れないために、提出する書類一時的な所得変動の事業主の証明というものが公開されていますが、これはあくまでも「一時的な」ものであって、この届出を出している間、がっつりと働くための免罪符ではないので、くれぐれも間違いのないようにしていただきたいものです。